プラモ ガンプラ 目合わせ消し

ガンプラ作りの道具

プラモ 合わせ目消し・塗装する前提なら瞬間接着剤がおすすめ

こんにちは

 

合わせ目消しって本当に面倒だったりしますよね。

 

パーツに接着剤をつけパーツ同しを合わせたら、完全に硬化する目安は2日〜1週間は自然乾燥が必要なんですから。

 

「今日はがんばってガンプラ作るぞ!」

 

そんな風に意気込んで始めてみたけど、パーツを接着したらその日することが終了!」

なんてこともありますからね。

 

週末の少しの時間だけを使ってコツコツと製作するなら、普通タイプの接着剤でもおすすめなんですけどね。

 

私みたいなせっかちな性格は、流し込みタイプや特に不向きな接着剤なんです。

「ハイ!接着! ハイ!次削る!」

作業が進まないことがイライラするんですよね。

 

そこで便利な接着剤は「瞬間接着剤(アロンアルファ)」が便利なんです!

 

今回は、塗装を前提とした場合の、瞬間接着剤の説明をします。

瞬間接着剤

瞬間接着剤と聞けば、アロンアルファを連想するかたも少なくないと思います。

アロンアルファとは、瞬間接着剤を製造してる東亞合成が販売してるモノをアロンアルファと言い商品名です。

よって他社で販売されてる、瞬間接着剤とは成分は同じであっても名前だけが違うようです。

 

重要な事は、塗装をする前提で製作する場合は「瞬間接着剤」を使用します

 

逆に、素組みで完成する場合は瞬間接着剤は使いません

白化の原因にもなりますからね。

 

私は99%瞬間接着剤だけで組み立ててます。

 

瞬間接着剤は白化現象がおきますが、殆どペーパーヤスリなども使用しますからね。

パーツと瞬間接着剤との色の違いは、塗装を前提にあるので気にすることでは無いのでおすすめです。

 

瞬間接着剤を使用する目的は、塗装することが前提がありますから、ランナーと合わせ目の色が違い、ニッパーの切り口の白化が目立つとしても、塗装で完全に隠ぺいができます。

 

それよりも硬化が早く、合わせ目消しの作業に移りやすいのが利点です。

 

「接着したらその日する作業が終了」なんて本当にやる気がなくなりますからね。

 

それよりも瞬間接着剤を使い、作業が進められる製作方法が嬉しいですよね。

 

瞬間接着剤の特徴でもある速乾硬化は、経年劣化が起こり難いのでプラモデルなど10年経過したプラモデルでも丈夫に保つことができます。

 

瞬間接着剤の接着方法

瞬間接着剤のイメージは「素早く接着」のイメージがありますが、慌てて接着しなくても大丈夫なんですよ。

 

注意点:パーツの合わせ目のズレを修正するために何度も繰り返すのはNGです。

一度貼り付けることで硬化が始まり、瞬間接着剤の層が出来てしまう場合があります。それが隙間が出来る原因にもなりますから注意してください。

 


  • step.1

    接着方法は用途に応じて変わりますが、私のやり方は基本的には養生テープなど正方形くらいに切り取り、その上に瞬間接着剤を使用する分だけ出します。


  • step.2

    使用するモノは「つまようじ」や使い捨てになるモノがおすすめ。

    ランナー・針などもおすすめです。

    片側だけ塗る箇所にあらかじめ塗っておき貼り合わせるだけです。


  • step.3

    貼り合わせた後で更に上から直接垂らした状態です。


  • step.4

    ヤスリ・ペーパーヤスリで研ぎ出した状態です。


 

接着後、数十分もあれば削り作業が行えますからおすすめです。

 

接着出来なかった箇所がある場合の対処方法

合わせ目などに使用する時は、合わせ目に爪楊枝などの鋭いモノで、一度合わせ目の上をなぞるようにするとアロンアルファの液体が馴染みやすいです。

 

巣埋めにも有効

アロンアルファは合わせ目にも有効な接着剤で、更には溝や巣埋めにも優秀な接着剤です。

 

巣埋めなどピンホールのような穴は、若干穴を大きくしてアロンアルファを垂らし、針などで穴にアロンアルファが流れるようにかき混ぜると、穴に馴染みやすくなります。

 

ランナーなどの継ぎ足しにも、瞬間接着剤が有効

ザクのショルダー部分の改作でよくある鋭くするような場合、直接接地面を平らに削りランナーをアロンアルファで接着することで、簡単に整形することができます。

 

穴を開けてランナーを通すとことでしっかりと固定もできますが、直径が合わない分だけ段差ができ作業工程が増えてしまいます。

 

アロンアルファはそれだけしっかりと接着できるものですからおすすめです。

とはいえ研ぎ出しの作業は十分注意して削らないと、折れる可能性はありますからね。

 

アロンアルファの種類

アロンアルファには色んなタイプのアロンアルファがあります。

基本的には、プラモデルに使用する場合、昔からの液体タイプの瞬間接着剤を使用します。

 

ゼリータイプのアロンアルファはプラモデルには向いてませんが、用途に合う場合のみ使用してみて下さい。

 

 

100均の瞬間接着剤

うれしいことに100均でも使い切りタイプで販売されていて十分に使えるモノです。

3個100円タイプ、4個100円タイプなどバラツキがありますが、基本内容量の違いだけです。

 

100均ショップでは大抵どこでもあると思います。

 

瞬間接着剤・便利アイテム

瞬間接着剤の中には、パテの役割を目的としたモノも発売されてます。

瞬間接着剤だけでもパテの硬化は十分ありますが、パテの目的に特化したタイプです。

 

瞬間パテ

 

瞬間硬化スプレー:硬化速度を早めるすぐれモノ

通常30分ほどで硬化しますが、このスプレーを使用することで瞬時に硬化するため、ヤスリ作業なども直ぐに行なえます。

 

最後に

今回は、瞬間接着剤がどれだけプラモデルの製作におすすめなのかを紹介しました。

手っ取り早く言うと、瞬間接着剤はせっかちさんには都合の良い接着剤ですからおすすめです。

 

 

 

すべての初心者ナビはこちら

 

 

-ガンプラ作りの道具
-,

© 2020 ガンプラ 製作記 blog